さらに進化するコラーゲン鍋

2020.03.31食べもの

鍋人気は一年中に!

一昔前まで、鍋と言えば寄せ鍋、ちゃんこ、水炊きぐらいでしたが、今や洋風、チゲ、火鍋、タイ風など様々な種類が楽しめます。季節も冬に限定されていたものが、いつのまにやら一年中食されるようになってきました。もちろん、肌寒い季節になると鍋が恋しくなる日本人独特の情緒は変わりませんが、暑い季節に激辛鍋で汗をタップリ流したりする方もいらっしゃいます。
そんな鍋人気の中、ここ数年特に女性から注目されているのが「コラーゲン鍋」というジャンルのお鍋です。美容と健康に効果があるとの情報に端を発して、雑誌で特集されたり、グルメサイトではオススメ店が次から次へと紹介されるほどの人気ぶりです。

コラーゲン鍋は多種多様

コラーゲン鍋は、スープや具材にコラーゲンが多い食材を使った鍋の総称ですが、具材が多種多様なため様々な味が楽しめます。豚足や手羽先などを煮込んで抽出したコラーゲンでスープを作るもの。もつ鍋、スッポン鍋、アンコウ鍋などコラーゲンたっぷり具材の鍋などなど。
ここ1~2年は、さらに進化して「コラーゲンボール」を使った鍋が人気です。
「コラーゲンボール」は、動物性や海洋性の食材から抽出したコラーゲンを固めてボール状にしたものです。動物性のものは牛スジや豚骨などから、海洋性のもはフカヒレやカレイ、まぐろなどから抽出しているそうです。コラーゲンは、お肌に張りを与える効果があると言われています。それは体内でアミノ酸となり吸収されるからですが、コラーゲンだけを単独で摂っても効果は期待できません。アミノ酸の吸収に必要な他の栄養素を含む食材と一緒に食べて初めて効果が期待できるのです。その食材とは、豚肉、鶏肉、海鮮、野菜などですから、まさしくお鍋の具材そのもの。その上「コラーゲンボール」は、無味で意外と臭みもないので、どんな具材にも馴染みます。
「コラーゲンボール」を使ったコラーゲン鍋は人気にならない理由が見つからないと言っても良いほど素敵なお鍋料理です。

あんこう鍋
スッポン鍋
トッポギ鍋
コラーゲンボール

− writer

placeholder image

かんのようこ

フリーライター。パン職人やカフェ経営、農業経験などを活かし「食」にまつわるエッセイなど多数。着物の着付けや作法などに関するイベントも開催。

recommend

おすすめのコラム