寒い朝に、2分であったか「レトルトスープ」

2020.02.01食べもの

スーパー大麦ベースの3種類

からだスマイルプロジェクトの商品の中に3種類のレトルトスープがあります。
「スーパー大麦と完熟トマトの6種野菜スープ」「スーパー大麦とレンズ豆の生姜スープ」「スーパー大麦とごぼうの豆乳野菜スープ」の3つですが、スーパー大麦をベースに素材と味の組み合わせを変えています。ご存知のようにスーパー大麦は、一般の大麦に比べて2倍の総食物繊維と4倍の「レジスタントスターチ」を含むスーパーフードですが、食べてみると食べ応えもあり、他の具材との相性も非常に良いと感じました。
味に関しては、色々な好みに応えられるように「イタリアンなトマト味」「ちょっぴり中華風の生姜味」「和食テイストの豆乳味」(味の雰囲気は、すべて個人の感想です)が用意されています。個人的には「スーパー大麦とごぼうの豆乳野菜スープ」がお気に入りです。パンとの相性が抜群で、コーンスープ好きの私は、それに似たような印象を受けました。
「スーパー大麦と完熟トマトの6種野菜スープ」は、トマト、たまねぎ、にんじん、赤パプリカ、さやいんげん、じゃがいもが入っており、フォカッチャをスープに付けながら一緒にいただくと、「イタリアのベジタリアンが摂る朝食はこんな感じなのかなあ?」と妄想してしまいました。ごはんにこのスープをかけて、とろけるチーズをのせてオーブントースターで焼いたら、当然ですが、おいしいドリアができました。
「スーパー大麦とレンズ豆の生姜スープ」のレンズ豆は、イタリアやフランスなどでは定番の豆なのですが、日本ではまだ、なじみのない人が多いかもしれません。
レンズ豆は、スーパーフードの一つとして注目され始めていますが、食物繊維、ビタミンB群、鉄分や免疫力アップにつながるレクチンなどの栄養素をたくさん含んでいます。カレーやスープなど煮込み料理と相性がよく、生姜スープとの相性も非常に良いと感じました。
どのスープも忙しい朝に、パッケージのまま90秒~120秒温めれば、おいしくヘルシーな朝食のメインディッシュとしていただけそうです。

スーパー大麦と完熟トマトの6種野菜スープ
スーパー大麦とごぼうの豆乳野菜スープ
スーパー大麦とレンズ豆の生姜スープ

− information

placeholder image

からだスマイルプロジェクト

からだスマイルプロジェクトのレトルトスープをお試しください。
https://kspj.nippon-access.co.jp/product/

− writer

placeholder image

かんのようこ

フリーライター。パン職人やカフェ経営、農業経験などを活かし「食」にまつわるエッセイなど多数。着物の着付けや作法などに関するイベントも開催。

recommend

おすすめのコラム