タコス専門店がブレイク寸前!

2020.01.10おでかけ

タコベルの再上陸

タコスはメキシコの国民食で、トウモロコシのトルティーヤで様々な具を包んで食べる。サンドイッチ感覚で食べられるのでアメリカでは人気の料理の一つだ。
アメリカで一番有名なタコスのファストフード店「タコベル」が2015年に日本に再上陸した。以来、この4年の間に、タコベルは10店舗以上に拡大し、同時に東京を中心にタコス専門店が続々とオープンした。
いまやタコスは大ブレイクの夜明け前と言える状況なのだ。

los tacos azules~2020年オープンの注目レストラン

三軒茶屋駅から10分ほど歩いた裏通りに隠れ家的にオープンした「los tacos azules(ロス・タコス・アスーレス)」が注目を集めている。本場のメキシコ人シェフでありながら、旬の日本の食材を使って日本でしか作れないタコスを提供している。
タコスの基本はおいしいトルティーヤから始まるという持論の元、トルティーヤを一枚一枚焼く、かつそのトルティーヤの生地は美味しいトウモロコシから正しい製法(ニクスタマル)で作る必要があるため、メキシコからのブルーコーンを輸入、製粉、生地製造までを一貫して自分たちで管理して行っている。
「金目鯛のタコス」や「牛タンとアボカドのタコス」など、他ではたべられないタコスを食べることができる。「東京最高のレストラン2020」の今年の注目店として掲載されている。

− information

placeholder image

los tacos azules

生地の風味を生かし、具に合わせてサルサを組み合わせ、伝統と新しさを織り交ぜたタコスが人気を博しています。
東京都世田谷区上馬1−17−9
Tel.03-5787-6990
https://www.lostacosazules.jp/

− writer

placeholder image

甲斐 ツマオ

ブログやエッセイを中心に、ニュースをかいつまんで紹介してくれる。ボーイズラブ系漫画で人気を博した「4人のブタ」も執筆。https://booklive.jp/product/index/title_id/426821/vol_no/001

recommend

おすすめのコラム