アフターコロナの癒やし

2022.05.20暮らし

“つながり”を取り戻す

私たちにとってパンデミックは、オンラインの簡便さと共に、対面での人とのコミュニケーションの必要性を強く感じさせてくれる経験となりました。
まだまだ、遠くへ足を運ぶことができなくても旅の気分を味わいながら人との交流し楽しみたい。そんな方々にとっての魅力溢れるスポット、それがゲストハウスtoco.です。
日比谷線入谷駅から徒歩2分、情緒あふれる街に建つ築110年の古民家をリノベーションしたもので、縁側の前に広がる庭には有形民俗文化財に登録されている富士塚があり、四季折々の美しさを感じさせてくれます。
部屋の種類は3種類あり、男女混合ドミトリー、女性専用ドミトリー、個室のクイーンダブル、宿泊代は3000円からで、とてもリーズナブルなお値段です。(シャワーやキッチンは共有となっています)
最近、デイユースプランも始まっており、13時〜22時の最大9時間でドミトリーは1500円、個室は3500円から利用できます。周辺には下町のあたたかさを感じる魅力的なパン屋さんや喫茶店も多く、のんびりと下町の空気感を味わったあとの宿泊は、おばあちゃんの家に来たかのようなほっこりした気持ちにさせてくれます。
またテレワークをしながら大きなベッドのあるモダンなお部屋でゆっくり過ごしたり、キッチンや縁側などの共有スペースでその日出会った人との会話を楽しむ方も多いようです。併設されたバーには、国内外からの旅行者に混じって、ご近所の常連紳士も集い、楽しくも暖かい会話が交わされます。

ゲストハウスtoco.
ゲストハウスtoco.

都心ホテルのWell-beingな時間

ビジネスパーソンにとって、都心に居ながら気軽に利用できるホテルのもてなしプランをご紹介します。
新宿駅から徒歩5分の好立地にある京王プラザホテルの”セルフリセット旅“という「運動」「睡眠」「食事」の3つの観点からココロとカラダを癒すプランが注目を集めています。

・運動 ホテルから徒歩5分の新宿中央公園に2022年にオープンしたアウトドアフィットネス施設「PAKES TOKYO」を利用したヨガの体験プランが用意されています。
都市の中でも緑を感じながら自身の体の声に耳を傾ける時間を過ごすことができます。
・睡眠 サスティナブルかつ最高の眠りを追求するオーストラリアのブランドの「コアラ」のマットレス、ピローや高品質のシーツなど、こだわりの眠りの空間が提供されています。一人一人の体に合わせた心地の良い眠りを提供するために枕は5種類も用意されています。自分にあった整った環境でゆっくりと眠れそうです。
・食事 カクテル&ティーラウンジでは体に気を使いながら楽しめるドリンクやフードが用意されています。ブルーベリーと甘酒のスムージーや生ハムとセミドライトマトのレモンパスタなど、見た目も味も元気が出るような食事で体の奥深くまで栄養を届けられそうなお料理です。

外出自粛や巣ごもり生活が続き、疲れやストレスを感じている方々に、ココロとカラダを整え、自分らしさを取り戻す時間を提供してくれるWell-beingな空間。
体験してみる価値は充分にありそうです。

photo 京王プラザホテル
photo 京王プラザホテル

− writer

placeholder image

KEI

日本大学藝術学部写真学科卒業。写真付きコラムを執筆しながら国内のコミュニティをジプシー中。特技は占い。

recommend

おすすめのコラム